メイクの汚れが原因の大人にきび

           崖っぷちの大人ニキビはこれで治す! 

メイク道具の汚れやメイクを落とさないで寝るのは、にきびを作る原因

にきびを作る原因には、メイクの汚れが関係しているものも多いですね。
たとえば、メイク道具が汚れていたり、メイクを落とさないで寝てしまうなどです。

 

このような習慣は、女性としての品格をも落としてしまうことに
なりますので、ぜひ改めたいところです。

 

毎日使うメイク道具は、当然汚れも蓄積します。
ファンデーションのスポンジやチークブラシなどは、けっこう汚れが
目立つものですが、それが当たり前になっていませんか?
メイクに使われる小道具って、意外と洗われていないようです。

 

できれば、替えを用意しておいて、使うたびに洗うぐらいの
ほうがいいでしょう。化粧品は栄養分があるので、それがついた
ままになっていると、酸化したり雑菌の巣になってしまいます。

 

また、朝から晩までファンデーションをつけていると、
ファンデの油分と顔の皮脂がまざって酸化してきます。
つまり、油汚れで肌の表面をおおっているような状態になるのです。

 

家に帰ったら、早めにメイクをしっかりおとし、洗顔しましょう。
どんなに疲れていても、化粧を落とさないで寝るのはいけません。

 

メイクを落とさずに寝るのは、ニキビができる原因をわざわざ
招いているようなものです。